10歳若返る肌!人気の化粧品トライアルセットを試した効果

あきらめない、第二の人生ハリ、弾力ある若返りのお肌をとりもどす為の情報や基礎化粧品をご紹介しています。

簡単にキメ細な肌を作る方法

      2016/09/20

キメ細まやかな肌って憧れますよね。

子供のようなハリのある健康そうにみえる、憧れの肌、羨ましいですよね~。

乾燥や加齢、筋肉(表情筋)が衰えて毛穴も開き、キメが粗い肌はたるんでしまいます。

そして老け顔にみえる原因となってしまいます。

あなたの洗顔方法を今までのやり方を少し変えるだけで、キメ細い肌を作ることが出来ちゃうんですよ。

みなさんは、洗顔するときってどのようにして洗っていますか?

カナはこの方法を試すまでは、クレンジングで化粧を落として、お風呂で普通に身体を洗う石鹸で少し泡立て、両手でゴシゴシと顔を擦って洗っていました。

擦った方がきっと汚れは落ちるんだとな思っていました。

じつは大間違いでした。

みなさんはどうでしょうか?手の平で顔の肌を擦ったりしていませんか?

この洗い方だと思っているよりも汚れは落ちないし、デリケートな肌を傷つけてしまい逆効果となってしまうんです。

では、どのように洗顔をすれば良いのか、洗顔時に肝心なことをこれからご説明いたします。

 

 

洗顔ネットで泡立てないと弾力あるキメ細かな泡が作れないので、洗顔ネットなどを使いしっかりと泡立てましょう。

%e3%81%a4%e3%81%a4%e3%82%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a2%e6%b4%97%e9%a1%94%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88-2

泡の質ですが水分を多く含んでしまうとハリがなく弾力がない、見た目元気がない泡になってしまいますので、出来るだけ水分を含まない弾力がある泡作りを意識して下さい。

そして両手一杯に泡を作ります。片手でも十分ですw。

実際は片手盛り程度で顔を包み込めますので、十分なんですが、カナは気持ち良く洗顔がしたいので溢れるくらいの泡を山盛りに作ります。

大袈裟に言えば洗面器に盛るような感じを意識して泡立てちゃいます。

洗顔ネットを使えば、数秒でこのような質の良い大きな泡が作れますし、ゴシゴシネットを擦っていると勝手に泡がどんどん大きく一杯になるので泡立てがとても楽しいですよw。

 

洗顔の仕方ですが、手の平や指を顔肌につけずに、両手で泡を顔全体覆うように押し広げる感じに覆います。

泡の量をみると泡立てるのが大変そうに思いますが、意外と簡単にこのくらいの泡の量は作れます。

因みにカナ家は牛乳石鹸で洗顔していますw。

 

%e6%b3%a1%e6%b4%97%e9%a1%94%e6%96%b9%e6%b3%95-2

弾力ある泡を押し当てるように、そして顔を洗う感じに泡で顔肌表面を擦るように優しく洗います。

たったのコレだけで汚れは落ちて、キメも細くなって、くすみも、美白効果にもつながりますよ。

この洗い方をした方なら鏡を見て気が付くと思います。

肌のトーン変わりませんか?明るい感じに見えてますよね。

キメ細かい肌を作るには、できればですが洗顔ネットがあると効率的です。

100円ショップでも売っていますし、カナは下の化粧品のトライアルセットを試した時のオマケでついてきた洗顔ネットを使用しています。

偉そうに書いていますが、つつむ トライアルセットを買って試すまで、洗顔ネットの存在自体知りませんでしたww。

洗顔ネットを使い始めると、このクリーミーな泡立ち感がクセになりますよ。

この動画撮影時は洗顔や泡立ての知識がなく、洗顔ネットも初使用感覚で良質な泡作りの事なんて一切意識していませんでした。

少し多めにみて下さいね(^0^)/。

つつむ トライアルセットを使用した!動画レビュー

 

 - 未分類